ライフ・一般

もっと見る

ネスレ、9/22に缶コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」をリニューアル

キーワード飲料 

ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三)は、丁寧に微粉砕した焙煎コーヒー豆を、ネスレ独自のコーヒー抽出液と混ぜ合わせることで、“香り高く、コク深い味わい”を実現した缶コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」、「ネスカフェ ゴールドブレンド 微糖」、「ネスカフェ ゴールドブレンド ブラック」の3 製品を、内容量、パッケージ、レシピも新たに、9月22日(月)から全国リニューアル新発売。
▼缶コーヒー 「ネスカフェ ゴールドブレンド」3製品 リニューアル新発売


ネスカフェ ゴールドブレンド

写真左 : 缶コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」 写真中央 : 缶コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド 微糖」 写真右 : 缶コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド ブラック」


【香り高く、コク深い味わいを実現した“微粉砕コーヒー豆”とは】
自然の恵みに育まれた“コーヒーチェリー”。そこから生まれるコーヒー豆。ネスレは、その豆を丁寧に焙煎し微粉砕した豆の粒を、ネスレ独自のコーヒー抽出液に直接混ぜ合わせることで、コーヒーの豊かな香りとコクを缶の中にぎゅっと閉じ込めました。
開栓後すぐに湧き上がる豊かなコーヒーの香り。ひと口飲んで感じるコク深くボディのあるコーヒーの味わい。
まるで淹れたてのコーヒーのような香りと味わいが、いつでもどこでも簡単にお愉しみいただけます。

【“ゴールドブレンド”らしさを強調したパッケージデザイン】
目指したのは「ゴールドブレンドらしさ」を最大限に表現すること。そうすることで、「ゴールドブレンド」が持つ「高品質」、「おいしさ」といったイメージを缶コーヒーにおいても表現できると考えました。
缶の上部には、「ゴールドブレンド」のキーカラーである「金色(ゴールド)」をシリーズ全品に採用。また、中央にはこの秋に刷新する新しい「ネスカフェ ゴールドブレンド ロゴ」を大きく配置しました。これにより、今まで以上に“ゴールドブレンドの缶コーヒー”であることを認識しやすくなり、「ゴールドブレンド」缶コーヒーユーザーはもちろん、レギュラーソリュブルコーヒーの「ゴールドブレンド」ユーザーにも安心して製品をお求めいただけるよう配慮しました。

【缶コーヒー“ゴールドブレンド シリーズ”の内容量変更について】
2012 年秋に新発売した缶コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」。以来、「170g」という発売当時の内容量のまま展開して参りましたが、この秋の全面リニューアルを機に、シリーズ全品を対象に従来品より 15g 増量の「185g」で展開します。これにより、ネスレが自信を持ってお届けする缶コーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」の味わいを、“もうひと口”お愉しみいただけます。

▼ネスレ公式WEBサイト


あわせて読みたい記事