現物・純金積立

もっと見る

オーストリア造幣局、「ウィーン金貨」の2013年世界・日本販売量を発表

キーワード金貨 オーストリア造幣局 

「ウィーン金貨ハーモニー」2013 年の世界販売量と日本の販売量を発表
世界の販売量は約 65 万オンス、前年比 63.2%増加、上半期から 7.8%増加
国内の販売量は約 6.6 万オンス、前年同期比 19.6%増加

オーストリア造幣局(駐日事務所:中央区日本橋、駐日代表:北野美子、本部:オーストリア・ウィーン)は、2013 年 1 月から12 月の世界市場と日本国内における資産用地金型金貨「ウィーン金貨ハーモニー」(1、1/2、1/4、1/10、20 オンス)の販売量をまとめました。

◆世界市場、年間、半期ともに販売量増加


2013 年 1 月から 12 月までの世界全体での「ウィーン金貨ハーモニー」の販売量は、重量で 652,626 オンスでした。これは、前年同時期(2012 年 1 月から 12 月)の 399,917 オンスに対し、63.2%の増加になります。
枚数では、2013 年 1 月から 12 月は 919,130 枚の実績で、前年同時期(2012 年 1 月から 12 月)の販売枚数の631,473 枚から 45.6%増加する結果となりました。
また、2013 年の上半期と下半期の販売重量を比較すると、上半期は 314,011 オンスであり、下半期は 7.8%の伸びを示しています。販売枚数では、上半期は448,035 枚であり、下半期は 5.1%増加しています。

◆国内販売量、重量・枚数ともに前年同期比で上回る


2013 年 1 月から 12 月までの日本での「ウィーン金貨ハーモニー」の販売量は、日本総代理店である田中貴金属工業によると※1、重量で約 66,069 オンスでした。これは、前年同時期(2012 年 1 月から 12 月)の約 55,239 オンスに対し、19.6%の増加になります。また、枚数では、2013年1月から12月は84,068 枚となり、前年同時期(2012年 1 月から 12 月)の販売枚数の 77,438 枚から 8.6%増加する結果となりました。

<オーストリア造幣局とは>
オーストリア造幣局は、1194 年の誕生以来、800 余年にわたり様々なコインの鋳造を行ってきました。その品質と鋳造技術は世界中から高い評価を得ています。1989 年、財務省傘下から、オーストリア中央銀行の子会社となったオーストリア造幣局は、同年、当時ヨーロッパで唯一の純金地金型金貨「ウィーン金貨ハーモニー」を発行、日本市場への販売を開始しました。また、1994 年には開局 800 周年を迎え、2008 年には「ウィーン・フィル銀貨」も発行しました。2004 年の「ウィーン金貨ハーモニー」発売 15 周年には、世界最大級の金貨である「ウィーン金貨ハーモニー1000 オンス」を、また 2009 年の「ウィーン金貨ハーモニー」発売 20 周年では、「ウィーン金貨ハーモニー20 オンス」を発売しました。

▼オーストリア造幣局 :「ウィーン金貨ハーモニー」2013 年の世界販売量と日本の販売量を発表


あわせて読みたい記事

最近のニュース

ニュースクラウド

BullionVault インド ゴールド トラブル プラチナ 中国 池水雄一 産金 田中貴金属 純金 都市鉱山 金スポット 金価格 金塊 金密輸 金投資 金相場 金箔 金色 金貨 金鉱 黄金 黄金色

タグ一覧を見る

新着ゴールドグッズ

一覧を見る