金について学ぶ

ひとことに「金」「ゴールド」への投資といっても、その入り口は「現物(モノ)」としてと「投資」として大きく2通りに分かれます。

まず本当に身近に「金」を感じられるのは『金箔製品』や『宝飾品・アクセサリー』。次に「金現物が欲しい」となれば『金地金』や『金貨』が。資金に余裕があれば『金地金』を、手軽な予算ではじめるなら『金貨』を、そして少しづつ買い進めたいというのであれば『純金積立』という選択肢がでてきます。


そして値上がり益を狙いたい、機動的に売買したい、というのであれば、株式市場に上場する『金ETF』や『投信』、『金関連株』、もっとアクティブにレバレッジを効かせて取り組みたい方には『商品先物』『CFD』という手段もあります。


ここでは金に触れる入り口として以下の8つの窓口を設け、それぞれについての特徴を簡単にまとめてあります。投資目的や予算にあわせて、自分自身で選択しましょう。