金箔・加工製品

もっと見る

TANAKA-HD、東京マラソン2018表彰メダルを 純金・純銀・純銅で提供!

キーワード田中貴金属 

 TANAKAホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:田苗 明)は、一般財団法人東京マラソン財団が2018年2月25日(日)に主催する「東京マラソン2018」において、同大会マラソン男女上位3名と2016大会から国際化された車いすマラソン男女の上位3名に進呈される金メダル、銀メダル、銅メダルを男女各2個ずつ、合計12個提供。

マラソンの表彰メダルの各サイズは直径約65mm、厚さ約3mmで、重さは純金製 約200g、純銀製
約110g、純銅製 約90g。


GINZA TANAKA 東京マラソン2018メダル


TANAKAホールディングスが提供する東京マラソン表彰メダルは、各種大会メダルの中でも極めて稀な純金製、純銀製、純銅製で希少価値の高いものです。
今年で12回目を迎える「東京マラソン2018」の各種メダルは、大会コンセプトの「東京がひとつになる日。」をテーマにデザイン。
幾重にも重なる線は、東京マラソンに参加するランナーだけでなく、東京マラソンを支えるボランティア、応援する観衆など一人一人を表しています。
東京マラソンに関わる人々の様々な軌跡(コース)と前進する意志を線で表現し、人々が出会い東京マラソンの42.195kmが作られていくイメージを、線(糸)が交差し織り重なってできるタペストリーに見立ててデザインしました。
また、メダル中央に開けた穴(円)は調和を表現するとともに「先を見通す」意味を持ちます。全体のフォルムや中央に開けた円を「ご縁」にかけて、その円から“縁”がもたらす輝く未来が見えることを願ってデザインしました。さらに、マラソンの上位3名に贈呈される金・銀・銅メダルの裏面には、昨年より一新したコースマップと田中貴金属のロゴが描かれています。


<東京マラソン2018 表彰メダル 概要>
【素材/重量/サイズ】(添付写真左から)
銀メダル: 純銀 / 約110g / 直径約65mm×厚さ約3mm
金メダル: 純金(K24) / 約200g / 直径約65mm×厚さ約3mm
銅メダル: 純銅 / 約90g / 直径約65mm×厚さ約3mm

※車いすマラソンのサイズは
金メダル(純金約160g)、銀メダル(純銀約95g)、銅メダル(純銅約80g)です。

あわせて読みたい記事

最近のニュース

ニュースクラウド

BullionVault WGC インド ゴールド トラブル プラチナ 中国 池水雄一 産金 田中貴金属 純金 都市鉱山 金スポット 金価格 金塊 金密輸 金投資 金相場 金箔 金色 金貨 金鉱 黄金 黄金色

タグ一覧を見る

新着ゴールドグッズ

一覧を見る