お知らせ

もっと見る

【ご案内】金の魅力を伝えるフォトマガジン「ゴールドマガジン」について

キーワードゴールドマガジン 

ゴールドマガジン表紙&イントロダクション


GOLDNEWSでは、金(ゴールド)の魅力を伝えるために、2013年の春くらいから色々な所に取材に伺い、写真を中心に構成した、その名も「GOLD MAGAZINE」を制作、この度Vol.1が完成いたしました!

ゴールドマガジンは金について知らない方、そして一般の方が「金ってそうなんだ!」と“関心の扉を開くことを目的”に内容構成しており、難しい内容は一切なしで、具体的な投資に関するお話は一つものっていません。あくまで様々な金の魅力について知ってもらおう、というコンセプトだけで好き勝手に制作した自主発行のマガジンです。

また、どこかに偏ることもなく、不変的な内容のみでの構成ですので、金に関わる仕事に従事されているどんな方でも配布できるスタイルとなっており、気軽に読んでもらえ、様々な形でのコミュニケーションツールとして活用頂けるかと思います。

金塊から金箔、デザイナー、舞踏、ディーラー、タイガーマスクと一冊まるごと金(ゴールド)だらけ。このゴールドマガジンを活用してみたいという企業様や店舗がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


ゴールドマガジンの各ページ


【ゴールドマガジン創刊に寄せて】
金(ゴールド)について知れば知るほど、こんなにも多様性に富んだ存在はないことに気づいた。例えば色としての金。光り輝く黄金色は万物に生命を与える太陽の色と同じ。魔力ともいうべき魅力を備えている。例えば象徴としての金。錆びることない黄金は、永遠の生命を持つ神の象徴として、また権威や富の象徴として古くから扱われてきた。例えば物質としての金。指輪やネックレスなどの宝飾品。金貨やインゴット。装飾としての金箔。熱伝導性や電気伝導性も優れた素材という側面も持つ。そして通貨としての金。希少性と不変性から有史以来、通貨としても利用されてきた。ゴールドマガジンでは、限りなき可能性を持つ金の魅力を様々な切り口で、写真を中心に紹介していきたい。
[共同編集長 児島一伸]

『紙の約束』に過ぎないマネー(金)に対する信用度が薄れ、先進国同時債務破綻なんていう破滅的な事態が起きかねない今、通貨の代替存在としてゴールド(金)が再び注目されるのではないか。またなぜか金色に塗っただけで、ありがたみが何倍も増してしまう不思議な色は、金以外にはない。そんな稀有な存在である金について、多面的に知ってもらえる冊子にしていきたい。
[共同編集長 かさこ(笠原崇寛)]
【ゴールドマガジン Vol.1構成】
タイトル : GOLD MAGAZINE Vol.1 金(ゴールド)、限りなき可能性
サイズ : A5縦・28ページ
配布 : 2013年11月、正式配布は2014年1月より開始 ※非売品
料金 : 無料 ※自主発行。広告は一切入っておりません。
発行 : ゴールドマガジン編集部
構成 :
1)ゴールドバーができるまで(三菱マテリアル直島精錬所)
2)純金製品コレクション(信州ゴールデンキャッスル)
3)金箔ができるまで(金箔の街・金沢)
4)金の舞・黄金の夏(大駱駝艦)
5)金の多様性(ゴールド・フォトコレクション)
6)金に魅せられた人(箔デザイナー 高岡愛さん)
7)投資としての金(スタンダードバンク 池水雄一さん)
8)金にまつわる物語(タイガーマスク専属マスク職人)
9)金の基礎知識

活用例 :
金の魅力を伝えることだけを目的に作成したツールですので、金に関するどんな場所でも活用できるかと思います。
1)店舗でのコミュニケーションツールとして(店頭にて設置・配布)
2)自社開催セミナー、大規模イベントなどでの配布ツールとして
3)見込み客に対するDMツールとして 
4)キャンペーン等での特典商品として
※表4に自社広告を入れることが可能です

●ゴールドマガジン入手場所について

ゴールドマガジンは、弊社の関連する各種イベントや、この冊子の目的に同意頂いた企業様、また店舗様などで入手可能です。入手可能な場所についてはこちらで順次ご紹介させて頂きます。

【イベントでの配布実績】


ゴールドフェスタ2014

▼TOKYO GOLDFESTIVAL2014(2014/2/11開催) 
会場:東京・品川 THE GRAND HALL
主催:ゴールドフェスタ運営事務局
金の魅力を伝えるため、昨年12月2日に初めて開催した「トーキョーゴールドフェスティバル」。第2回目となる本年度の「ゴールドフェスティバル2014」は、より多くの方に「金」という魅力ある商品の様々な側面について、見て・聞いて・体感して・学べる場にするため、規模・内容・連動企画共に大幅パワーアップした構成でお届けします。
※申込者全員に配布


第25回 国際宝飾展

▼第25回「国際宝飾展」(2014/1/22-1/25開催)
会場:東京ビックサイト
日本で最も歴史ある商談展としてジュエリー業界に定着しているこの国際宝飾店。30カ国1100社が出展、30,000人が来場する日本最大の宝飾展。毎年会場では、出店者と来場者の活発な商談が行われ、会期中の商談金額は100億円に。今回ゴールドネックレスをメインに取り扱っている卸商社「オーロラ」さんのブースにてゴールドマガジンが配布されます。


大黄金展

▼純金製品コレクション展示即売イベント「大黄金展」
会場:日本全国有名デパート等
世界を魅了する黄金の輝き。永遠を秘めた純金の魅力、日本を代表する作家の至芸の技が生んだ茶器・酒器をはじめ、観音像などの置物・仏具まで高貴な輝きを放つ品々。純金製品コレクション国内随一を誇るSGC信州ゴールデンキャッスルが日本全国有名デパートにて展示即売会を開催しています。

※イベント等で配布いただける企業様、随時募集しております


【店舗での設置・配布先】


縁煌(えにしら)

▼縁煌(えにしら) ※1月中旬以降より設置予定
〒920-0831 石川県金沢市東山1-13-10 [地図]
様々なご縁で巡り会った、人、物、機会、場所等、これら様々なご縁を、煌(きらめ)かせていきたいという思いを、『縁煌』ということばに込めました。縁煌は、工業生産、大量生産できるものではなく、人の手を介し、人の心が通い、心に訴えかけるものをご提供したいと考えています。
[取扱商品]
箔を使用したアートワーク、オブジェ、照明、北陸にゆかりのある商品等


かつめしいろはーず

▼かつめしいろはーず 
〒675-0066 加古川市加古川町寺家町142-1 [地図]
かつめしとは加古川市のローカルフードで、アツアツご飯の上に、牛かつや豚かつなどをのせて、専用のたれをかけて召し上がる名物料理。「かつめしいろはーず」は、「いろは食堂」の元祖かつめしの味を引き継ぐ肉のいろは本店直営のかつめし専門店です。
※ゴールドマガジンに登場頂いた池水さんの同級生の一角さんが運営されているお店です(^^)

※店頭に設置、配布いただける店舗様、随時募集しております

●ゴールドマガジン見本誌のご請求・お問合せ

金に関するところであればどこでも活用できるコミュニケーションマガジンだと考えております。色々な所で配っていただけたら、そして配って頂ける様な構成となっていますので、もしご興味ある企業の担当者様はお気軽にお声がけください。また、ゴールドマガジンVol.2に向けて、取材先も募集しております(^^)

お問い合わせ先
キャピタル・エフ株式会社 ゴールドマガジン編集部 担当:児島(こじま)
E-mail: goldnews.jp@gmail.com まで

※ゴールドに関する取材先も国内外問わず随時募集しております!こちらもお気軽にお問合せを。

あわせて読みたい記事

最近のニュース

ニュースクラウド

BullionVault ETP JOGMEC SGC WGC イベント イベントレポート インド キャンペーン ゴールド スイス タイ トラブル プラチナ ロシア 三菱マテリアル 中国 亀井幸一郎 佐渡金山 値決め 写真ニュース 南ア 大黄金展 密輸 小菅努 延べ棒 映画 東京商品取引所 松本徽章工業 池水雄一 泰星コイン 産金 田中貴金属 砂金 箔座 純金 豊島逸夫 貴金属 都市鉱山 金ETF 金スポット 金価格 金先物 金塊 金密輸 金投資 金準備 金相場 金箔 金粉 金色 金貨 金輸入 金鉱 金鉱株 韓国 黄金 黄金色

タグ一覧を見る

新着ゴールドグッズ

一覧を見る