okatogoldさんの詳細情報

のプロフィール画像

金投資情報

okatogold

地金、先物、純金積立などゴールドにまつわる話をつぶやいていきます。

Twitter情報
フォロー数 3,123 フォロワー数 2,795
投稿数 2,875 Twitter歴 2906日
現在地
WEB

okatogoldさんのツイート

okatogold

金投資情報 @okatogold

31日のNY金は米利上げペースの減速期待が強まる中で買われ、4営業日振りに反発した。米景気減速を示唆する経済指標を背景に、金融引き締めが長期化するとの警戒感が後退している。また、ユーロに対してドルが売られたことも支援材料となった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

30日のNY金は3営業日続落。FOMCを控え、その結果を見極めたいとの思惑から、積極的な売買は見送られた。一部の市場関係者の間では、最近の米雇用関連指標で労働市場が依然タイトな状態が続いていることを踏まえ、FRBがサプライズでタカ派姿勢を強めるとの警戒感も根強い。

okatogold

金投資情報 @okatogold

27日のNY金は小幅に続落。米PCEデフレーターや同コアデフレーターでインフレ減速が確認されると売りが優勢となった。ただし、週安値は更新できず、その後、為替でドルが欧州通貨に対して弱含むと、ドル建ての金も下値を切り上げた。

okatogold

金投資情報 @okatogold

26日のNY金は米GDP速報値が予想を上回ったことを受けて売り圧力が強まり、6営業日振りに反落。米GDP速報値は前期比2.9%増と伸びは前期から鈍化したものの、2期連続のプラス成長となった。市場予想も上回った。さらに、米新規失業保… https://t.co/BP7yNCgezC

okatogold

金投資情報 @okatogold

25日のNY金は5営業日続伸。ドルが対ユーロなどで軟調に推移すると、割安感が生じたドル建て金は買いが優勢となった。ただし、翌26日に昨年10~12月期の米GDP速報値の発表を控えて、様子見ムードも強かった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

24日のNY金は4営業日続伸。インフレ鈍化や景気減速を示唆する最近の米経済指標を踏まえ、市場では積極的な金融引き締め継続への警戒感が後退している。FRBが2月初めのFOMCで利上げ幅を0.25%に縮小した上で、想定より早く利上げを停止するとの見方が広がっている。

okatogold

金投資情報 @okatogold

23日のNY金は小幅上昇。利食い売りから軟化したものの、売りが一巡すると買い戻しが活発になり、小幅ながらプラス圏を回復した。FRBが2月初めのFOMCで利上げ幅を縮小するとの見方が支援要因となった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

20日のNY金は景気減速懸念が広がる中で安全資産としての買いが入り、小幅続伸。最近の米主要経済指標の低迷などを背景に景気先行き懸念が強まっている。ただし、前日に約9ヵ月振りの高値を付けた反動から利食い売りが出やすかった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

19日のNY金は反発。米景気後退への懸念が強まったことが支援材料となった。ボストン連銀のコリンズ総裁はFRBが政策金利を「5%をわずかに上回る程度」へ引き上げることが適切との見解を表明し、経済統計の悪化にもかかわらず、利上げを継続する方針を示したことで、景気後退懸念が強まった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

18日のNY金は小幅続落。弱い米経済指標の結果を受けた米利上げ減速観測を背景に買いが先行したものの、その後利食い売りに押された。米卸売物価指数と米小売売上高は予想を下回った。なお、セントルイス連銀のブラード総裁が0.5%利上げの可… https://t.co/ocQzOuYYiW

okatogold

金投資情報 @okatogold

17日のNY金は4営業日振りに反落。前週末に1900ドルの節目に乗せたことから、利食い売りが先行した。ただし、FRBの利上げペース減速観測が強まる中、金利を生まない資産である金を買う動きは根強く、下値は限定的だった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

16日のNY金はキング牧師生誕記念日のため休場。なお、時間外取引では小幅下落。インフレのピークアウト感が相場を支えているが、キング牧師生誕記念日での米国市場の休場もありポジション調整の売りが出た。また、ドル指数が持ち直したことも圧迫要因となった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

経済産業省と農林水産省は16日に堂島取引所(大阪市)が申請した金など貴金属先物の上場を認可した。3月27日に取引を開始する予定だ。同様の先物は日本取引所グループ(JPX)傘下の大阪取引所も扱うが、出来高は低迷。堂島の参入が国内商品先物の活性化につながるか注目される。

okatogold

金投資情報 @okatogold

13日のNY金は3営業日続伸。昨年4月下旬以来約8ヵ月振りに1900ドルの節目を回復した。前日発表された米消費者物価指数(CPI)の伸び率が鈍化したことで、米利上げペースの減速観測が強まる中、前日からの買い地合いが継続した。

okatogold

金投資情報 @okatogold

堂島取引所が昨年申請した金など貴金属先物の上場について経済産業省と農林水産省が認可する方針を固めたことが13日、明らかになった。近く正式に通知する。経営不振が続く堂島は新分野進出で立て直しを目指す。3月27日に取引を開始する計画だ。

okatogold

金投資情報 @okatogold

12日のNY金は続伸。米消費者物価指数(CPI)が鈍化し米利上げ期待が後退したことが弱材料となった。ただし、高値圏では利食い売りが出やすく、一段高は阻まれた。投資家がCPI発表前にインフレ鈍化を織り込んで、ポジション調整を済ませていたため、相場の反応は限られたとの指摘も聞かれた。

okatogold

金投資情報 @okatogold

11日のNY金は小幅反発。中国のゼロコロナ政策緩和を受けて、金消費大国である同国の需要増を期待した買いが先行した。しかし、市場が注目する米消費者物価指数(CPI)の発表を翌日に控えて利食い売りから上げ幅を縮小した。

okatogold

金投資情報 @okatogold

10日のNY金は小幅反落。約8ヵ月振りの高値水準まで上昇したこともあり、上値では利食い売りが出た。ただし、パウエルFRB議長から金融政策についての発言がなかったことが分かると買いが入るなど下値も限られた。

okatogold

金投資情報 @okatogold

9日のNY金はドル下落に伴う割安感を受けた買いに支えられ、続伸。6日に発表された米雇用統計では平均時給の上昇率の鈍化が示された。さらにISMサービス業購買担当者景況指数(PMI)が予想を下回り、FRBによる利上げペースの減速観測が… https://t.co/ZiFQKehoPl

okatogold

金投資情報 @okatogold

6日のNY金は米長期金利の低下などを背景に買われ、反発。米雇用統計では、非農業部門雇用者数が予想を絵を回ったものの、平均時給の伸び率が予想を下回った。インフレ上昇圧力となる平均時給の伸び鈍化を受けて、FRBによる利上げ長期化への懸念が後退した。

okatogold

金投資情報 @okatogold

5日のNY金は5営業日振りに反落。米雇用関連指標はいずれも堅調な内容となり、米金利とドルが上昇したことが弱材料となった。ADPの非農業部門雇用者数は23万5000人増(市場予想は15万人増)、新規失業保険申請件数は20万4000件(同22万5000件)となった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

4日のNY金は4営業日続伸。ドル安を背景に時間外取引ではドル建てで取引される金の割安感に着目した買いが入った。しかし、その後は利食い売りなどに押されて上げ幅を縮小した。FOMC議事要旨の内容を見極めたいとの思惑もあり、ポジションを傾けにくくなった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

3日のNY金は米長期金利の低下を背景に買われ、3営業日続伸。なお、市場参加者は翌4日に発表されるFOMC議事要旨に注目している。今後の金融引き締め方針について何らかの手掛かりを得たいとの思惑もあり、積極的な商いは手控えられた。

okatogold

金投資情報 @okatogold

30日のNY金はほぼ横ばい。ドルの軟調地合いに支えられた半面、米長期金利の上昇が重しとなり、前日終盤の水準付近での揉み合いに終始した。年最終取引日で債券市場が短縮取引となるなど、米市場は実質的に休暇モードで、商いは閑散だった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

29日のNY金は反発。対ユーロでのドル安や米長期金利の低下などが支援材料となった。米10年債利回りは昨日同様に3.88%付近で戻りが鈍く、3.81%台へ失速した。

okatogold

金投資情報 @okatogold

27日のNY金は主要消費国である中国の防疫対策緩和の報を好感し、続伸。中国政府は26日、新型コロナウイルス対策として行っている入国時の隔離措置を来年1月8日から撤廃すると発表した。

okatogold

金投資情報 @okatogold

26日のNY金はクリスマスの振り替え休日のため休場です。

okatogold

金投資情報 @okatogold

23日のNY金は米インフレ指標の伸び率鈍化を受けて買いが優勢となり、反発。米個人消費支出(PCE)物価指数は前月比0.1%上昇(前月0.4%上昇)。前年同月比では5.5%上昇となり、伸び率は2ヵ月連続で鈍化した。終盤に利益確定の売りが出たものの、節目の1800ドル台を維持した。

okatogold

金投資情報 @okatogold

21日のNY金は横ばい。連日ドルの上値が重い動きが続いていることが支援材料になったものの、株価が大幅に続伸したことが上値圧迫要因となった。週末の個人消費支出(PCE)物価指数の発表を控えて、内容を見極めたいとの思惑から様子見ムードも強かった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

20日のNY金は反発。日銀が長期金利の許容変動幅を拡大すると発表したことで、円を中心にドルがほぼ全面安になり、ドルで取引される金は割安感から反発した。ただし世界銀行はこの日公表したリポートで22年と23年の中国の成長率予測を下方修正し、中国の需要鈍化への警戒から上げ幅を縮小した。

okatogold

金投資情報 @okatogold

19日のNY金は新規材料難となる中、米長期金利の上昇に押され、小幅反落。クリスマスを週末に控えて連休を取る市場参加者が散見され、商いは低調だった。取引のきっかけとなる材料にも乏しく、全体的に方向感に欠ける展開だった。

okatogold

金投資情報 @okatogold

16日のNY金は3営業日振りに反発。月米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回り、2020年5月以来の低水準を記録すると安全資産とされる金に資金が向かった。ただし、買い一巡後は週末を控えてポジション調整が中心となり、明確な方向感は出なかった。

登録ツイッター数

50Twitter
2023/02/01 15:25 現在
個人・法人系 33
ニュース系 17

注目ランキング

オリジナルランキング

注目ランキングを掲載

公式ツイッター

おすすめツイッター

新着ツイッター