お知らせ

もっと見る

【イベントレポ】「これからどうなる!?金×株×為替 in 高松」

キーワードイベントレポート 池水雄一 

ゴールドフェスタ運営事務局は、2014年4月26日(土)に香川・高松「かがわ国際会議場」にて、TOKYO GOLD FESTIVAL2014スピンオフ Vol.2 スペシャリストセミナー“春の陣”『これからどうなる!?金×株×為替 in 高松』を開催。(後援:東京金融取引所、東京商品取引所、協賛:豊商事)
▼ゴールドフェスタ2014 スピンオフ2 『これからどうなる!?金×株×為替 in 高松』
▼「これからどうなる!?金×株×為替 in 高松」フォトギャラリー



ゴールドフェスタ2014スピンオフセミナー第2弾 春の陣 は“高松”で四国初開催!
ゴールド一辺倒の内容ではなく、金・株・為替、それぞれのスペシャリストがそれぞれの側面から各動向について語ることで、より広く・深い観点で今後の投資についての“ヒント”を引き出すことを目的としたプレミアムセミナー。

金・株・為替、それぞれの現状、今後の見通しについて一度に学べる貴重な機会です。これから各マーケットはどうなるのか、そして各マーケットはどう連動しているのか? 四国にスペシャリスト達が集まる貴重なセミナーです。

■第1部「225先物より株365が有利な3つの理由」

第1部は魅力ある商品を知るセッションとして、東京金融取引所 増田顕さん×聞き手 大橋ひろこさんとの対話セッション形式で構成。



くりっく株365の特徴と比較、活用法について様々な角度からお話いただきました。



■第2部「量的緩和の落とし穴?真価が問われる2年目のアベノミクス?」

第2部は岡崎・鈴木パートナーズ代表 岡崎良介 氏による株のセッション。現在のマーケットの状況から今後のポイントをわかりやすく説明。



四国開催ということもあり、後半では「地味ながらも異彩を放つ四国銘柄」ということで注目の企業も紹介。



第3部「金復活?!円安時代の資産防衛策とは」

第3部は「 トークセッションでマーケットの相関を知る」として、[金] 池水雄一氏 [為替]大倉たかし氏によるスペシャリストのフリートークセッション。



それぞれのマーケットの特徴・関連性についてスペシャリスト達が語ります。



■会場となった香川・高松 かがわ国際会議場

かがわ国際会議場は高松駅前・高松シンボルタワー6階にあります。高松シンボルタワーは、四国で最も高い建築物で、香川県高松市サンポートに所在する超高層ビルです。2004年に完成し、オフィス、商業施設、各種イベントホールなどが入る大規模複合施設となりタワーの高さは最高約151.3mで、四国地方の超高層ビルとしては最高層となっています。



こちらが会場の入口。ホワイエも広く、とても素晴らしい会場です。



演題から客席をのぞむとこういう感じです。 天井高は約7.5m?8.5m。



高松駅のスマイルさん。



最後におまけで今回のオペ卓。ここはタッチパネルモニタで各種操作から壁面開け閉め、調光設定まで一括で行えます。



■過去のゴールドフェスタ セミナー開催レポート

▼2014 Vol.1 CREA連携「知と美を磨く!女性のための貯“金”講座」(2014年4月17日)
▼TOKYO GOLD FESTIVAL2014(2014年2月11日)
▼2013 Vol.7 「金×株×為替:スペシャリスト対談“秋の陣”大阪」(2013年11月9日)
▼2013 Vol.6 「金×株×為替:スペシャリスト対談+S in 東京」(2013年10月5日)
▼2013 Vol.5 「金×株×為替×経済:スペシャリスト対談 in 東京」(2013年7月6日)
▼2013 Vol.4 「金×株×為替 : スペシャリスト対談 in 名古屋」(2013年5月25日)
▼2013 Vol.3 「金×株×為替 : スペシャリスト対談 in 大阪」(2013年5月12日)
▼2013 Vol.2 「究極のバブル“金”を考える3時間」(2013年4月21日)
▼2013 Vol.1 「金×株×為替 : スペシャリスト対談 in 東京」(2013年2月2日)

▼TOKYO GOLD FESTIVAL2012(2012年12月2日)

ゴールドフェスタ、及び今後の開催情報については公式サイトにてご確認下さい。
▼TOKYO GOLD FESTIVAL公式サイト


あわせて読みたい記事

最近のニュース

ニュースクラウド

BullionVault インド ゴールド トラブル 中国 池水雄一 産金 田中貴金属 純金 都市鉱山 金スポット 金価格 金塊 金密輸 金相場 金箔 金色 金貨 金鉱 黄金 黄金色

タグ一覧を見る

新着ゴールドグッズ

一覧を見る