UponTheThamesさんの詳細情報

のプロフィール画像

Cafe_Forex(テムズ川の流れ)

UponTheThames

主に経済や金融についてツイートします。興味があれば日常的なことも話題にします。100%私的興味でのツイートです。ビジネス系のフォローはお断りします。

Twitter情報
フォロー数 127 フォロワー数 21,873
投稿数 15,005 Twitter歴 3047日
現在地 Tokyo/Japan
WEB

UponTheThamesさんのツイート

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

分かりにくい言い方をしたかもしれませんが、要するに投資家にとって、市場急変の場合、自国通貨の手当よりも外貨手当のほうがずっと心理的に焦るものです。東京金融市場の十連休に緊急事態が発生すれば、海外投資家は円資金手当でパニックになることが考え得るということになります。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

とりわけ円絡みの資金手当てやリスク管理の術が限られる海外勢は、市場動向によっては予想外の動きをする可能性もあり得る。理屈的には円安円高の双方向リスクがあっても、母国市場の十連休は海外勢にとって円資金への突発的需要急増に傾く可能性の… https://t.co/lp5SmANURW

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

4/27~5/7の十連休期間中とその前後の円決済に絡む株式や為替市場の動向は予想以上にリスクが高い可能性がある。市場動向や保有リスクに細心の注意を払う必要がありそう。 https://t.co/xCtJ5JImmG @financialtimes

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

政策金利を直接的に反映する3ヶ月物金利を市場の需給で決定される10年物利回りが下回ったということは、昨年12月の利上げがはたして必要だったのかという債券市場の疑問にもつながる。これは由々しき問題。今後の景気次第で、もし12月利上げ… https://t.co/85o5AdUlMU

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

FOMCがきっかけとなり各市場では劇的な展開が続いている。米国債市場では長短金利がついに逆転:3M2.455%、1Y2.466%、10Y2.442%で、3Mvs10Yの逆転は2007年のあの信用危機以来とのこと。独10年債も数年ぶ… https://t.co/9cVhWAxIQT

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

米10年債利回りが2.50%を切るのは時間の問題か。わずか3か月前に利上げし今後も追加利上げを想定していた主要中央銀行が、いとも簡単に?宗旨替えしたのは私の経験ではあまり記憶にないくらい。何か市場が知らないことでもあるのかと勘繰り… https://t.co/FR3U3XqxyI

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

FOMCも今年と来年のGDP予想を下方修正した。いわゆる「強いドル」の水準も当然ながら予想と整合的に修正されるのが必然だろう。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

為替相場の方向性で言えば、ドル円の流れをもっとも強く支配するのは米国の金融政策の行方。リスクオン・オフも有力要因ではあっても、FRBが動くとき、リスク心理や日本側の要因によるドル円支配力は劣後することが多い。 https://t.co/4kEUnBOwK3

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

米連銀は劇的と言えるほどの方針転換。2020年の利上げ予測を残してはいるが、およそ現実味がない。金融市場が次の一手を緩和と見るのは当然だろう。 https://t.co/fIqblTxUyR

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

思い描いていたメインシナリオから離れてサブシナリオのコースに入り込むことになれば、市場の反応が気になるところ。 https://t.co/LJG9wOewkw

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

英下院議長は、再採決を認めないとする判断は最終ではないと述べ、意味のある大幅な修正が法案に加えれれればその限りではないとしているものの、メイ首相の離脱シナリオは大きく狂い、長期にわたってEUに残留せざるを得なくなることや、5月EU議会選挙を英国でも実施せざるを得なくなる。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

英議会下院議長が再度の採決を認めない判断の根拠となったのは1604年の英議会の先例に基づくとか。400年以上も前の亡霊が21世紀の英国を未曽有の混乱に導く恐怖? https://t.co/S6y5Vhx0rl

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

先週末の米雇用統計、時間当たりの賃金伸び率3.4%はリーマン危機以降で最大となるも、グローバルに先進国、新興国でGDP予想の大幅下方修正が相次ぐ状況。雇用は景気の代表的な遅行指標でもある。リスク資産市場のベクトルが↑、↓のいずれを指向しているのか、いま重要な分かれ道に来ている。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

米中が貿易分野で一応の(短期的な)決着を見るという見通しが多いようだ(知財保護や補助金などの構造改革は長期的課題だが)。アメリカから見て次は日本とEUがやり玉になる。米国の腹づもり一つでドル円相場なんてどうにでもなるし日本のアキレス腱を米政府は百も承知。過去に何度も踏まれている。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

米政府は今月から日米交渉を開始したいという強い意向に対し、日本側は国会があるので来月にしてと渋っていると報じられているが、リング下の段階から暗にドル円を意識した為替水準でジャブが飛んできた。これで試合開始のゴングが鳴ったら一体どうなることやら...

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

いまのドルは内外の環境から判断して「強すぎる」から「強いドル」(=ふつうのドル)が欲しいという大統領としての政治見解か。貿易収支を手っ取り早く改善するにはいまの為替相場から米ドルを押し下ればいい。北朝鮮が手札から消えた今、人気取り… https://t.co/fNGRMYT2rC

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

米国が言及する「強いドル」とは、米国にとってもっとも都合のよい水準を意味し、米国のみの政治経済環境の最適化に資する水準であり、その水準は恣意的に決定されることは歴史がよく示している。 https://t.co/gswAa9cp8L

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

ンビョン以外にも北が秘匿している核施設を米側が指摘したことに北は驚いたということだそうだが、とくにヨンビョンは核開発の象徴的存在で、制裁解除と引き換えにここを最初から米国にさらすことには北朝鮮が抵抗したということのようだ。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

ヨンビョンの核施設を一回目の査察に含めるかどうかで米朝の主張がぶつかったことが会談決裂の原因との米報道がある。結果的にトランプが功を焦るあまりに譲歩したり不利な合意を結んだりせずにノー・ディールで席を立ったのは思ったよりも交渉術に長けていたとの評価も聞かれる。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

日本にとって北朝鮮の核、ミサイルの脅威はなにも変わらないまま。韓国の極左民族主義政権の反日が加わる。日本の政治家にはよほどしっかり舵取りをしてもらわないと困る。経済統計のベース変更が是か非かの議論にかかずらわってる暇などないはず。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

多くのコメントは、米朝会談の決裂が予想外だったとしている。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

これで米朝はしばらくダメか。米中も楽観が多いようだが、懸案分野で覚書(MoU)を交わすだけのようだ。覚書なんて容易に破棄できる。ライトハイザーの力量不足にトランプは不満とか。そもそも米中は覇権争いで十年単位の新冷戦が根底にある。貿… https://t.co/OfHQTvZ2tG

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

もしこのまま米朝首脳会談が成果なしに終わったら、明日の韓国の「独立記念日」は大荒れになるのでは?また日本のせいにするんだろう。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

今回の印パ軍事衝突は、パキスタンが東パキスタン(現バングラデシュ)独立に絡んで、これを阻止しようとするパと独立を支援する印の間で起きた1971年のいわゆる第三次印パ戦争以来の深刻さと指摘されている。両国が核武装したのも、そもそもが… https://t.co/co9jaRCTjo

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

印パ両国とも核兵器を保有する新興国であることが、先進国が抱く懸念のようだ。これを見ていると、米が北朝鮮に変な譲歩したら後悔は末代まで残る。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

新興国市場の中では比較的安定していると考えられていたインド投資も当面は波高し、ということか。エマージングは突然予想外のリスクがあるからたまらない。当然だがインドルピーは下落しているようだ。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

パキスタン空軍がインド領を空爆。パキスタンはインド空軍のF16を撃墜と主張、インドはパキスタン空軍機二機を撃墜と主張。インド市場に投資している欧米投資家筋はパキスタンの対印報復軍事行動は予想外で、二国間関係がどこまでエスカレートするかを懸念。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

最近の市場観測では、FRBが政策決定の重要パラメータであるインフレ率に関して、短期的な目標達成ではなく数年単位の平均による目標値達成に政策のベース変更を模索しているという観測を耳にする。なかなか達成できない政策マンデートを克服する手段として一定期間の物価上振れを認めるという話。

UponTheThames

Cafe_Forex(テムズ川の流れ) @UponTheThames

この観測の具体的背景については言及されていないが、市場環境を見る限り、例えば米中貿易交渉の楽観的観測など好材料が浮上しても米ドルの戻りがこの程度では失望する向きも少なくないのではないか。加えて、FRBの政策スタンス変更や、世界経済… https://t.co/guaEDO4kjR

登録ツイッター数

50Twitter
2019/03/27 09:20 現在
個人・法人系 33
ニュース系 17

注目ランキング

オリジナルランキング

注目ランキングを掲載

公式ツイッター

おすすめツイッター

新着ツイッター