kindokuhonさんの詳細情報

のプロフィール画像

金読本ツイッター版

kindokuhon

金読本ツイッター版です。金についての基本やらトレンドやらを、折にふれ呟いていきます。 個人の呟きはこちら→ @naomemo

Twitter情報
フォロー数 20 フォロワー数 318
投稿数 1,098 Twitter歴 2195日
現在地
WEB https://t.co/dubVoq8j0m

kindokuhonさんのツイート

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

金価格の急騰が続いていますね。現状、実需と少し乖離し、短期主導の雰囲気が漂っているため、そろそろ手仕舞われることになるのかなという感じ。とはいえ、大きく下げる環境にはないので、ひと息入れたら再び上昇という流れになるのかなと予想。未来のことは分かりませんけどね。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

米国の覇権にとっての仮想敵とは。通貨では、ユーロ、人民元、そして仮想通貨。エネルギーではロシアとイランの天然ガス。サイバー空間ではチャイナ。そういう青写真が出来上がってるんじゃなかろうか、と思いたくなる。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

米国がイランを封じ込めようと動いている主な理由として思い浮かぶのは3つ。そのうち「米国の覇権」という観点から見ると、世界最大の埋蔵量とされるイランの天然ガスの存在が浮かびあがってくる。その意味ではロシアの天然ガスも同様。米国からしたら両国はエネルギー覇権の邪魔者なんでしょう。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

これは米側による捨て石の感が否めない。イラン側に相当イライラが募ってたんだろう。つまり誘われちゃったわけね。でも、これで一気に緊張が高まったことに違いはない。 https://t.co/3MvhVhTAz9

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

安倍政権が打ち出している「人生100年時代」構想の背景に、「厳しい年金財政」という現実がある。このふたつが表裏の関係にあることは、おそらく多くの人が感じていることだ。そして、日本の金需要が活性化するかどうかも、両者の関係をどのように捉えるかにかかっている。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

キッカケは、やはり「利下げ」だったか。ドル建て金価格の機体が、厚い雲の上に抜けようとしている感じ。ここを抜けきるかどうか。抜けきれば青天井。そんな雰囲気が漂い始めても不思議じゃない環境ではある。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

FRBの利下げが視野に入って金価格は上げモードになってるけど、1400ドル近辺にぶ厚い雲があるんだよね。過去6年ほど、その水準がキャップになっている。そこを上に抜けるかどうか、抜けるとしたら何がキッカケになるか。想像するのは楽しいものだ。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

内藤正典さん本について呉座勇一さんが書評を書きそれについて書かれた感想について内藤さんがコメント付きでリツイートする。贅沢感があって良いですね、こういうの。ちかぢか読んでみようという気になりました。 https://t.co/wIkZ99HNnG

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

本日はTOCOMに、エミン・ユルマズさんの話を聞きに来た。その前に佐々木徹さんの話を聞いたのだけれど、じつに歯切れの良い話っぷりだし、考え方もシンプルで、好感が持てました。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

米中の覇権争いがハーウェイ排除でますます熾烈になってきたけれど。両者の動きを俯瞰で眺めていると、基軸通貨、エネルギー、ハイテクという3分野での巨大な利権を巡るグローバルヤクザの争い、と言った方が劇画チックで分かりやすいなと感じる。おそらくそう感じてる人は多いだろうな。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

中国が米国債の売却に動く、または動き始めている、という記事をよく見かけるようになった。関税引き上げへの対抗策なのかどうかは不明だが、もしも対抗策であれば米国債を減らしてゴールドを積上げるという選択はありうる。そこに市場が注目するようなことになれば、大きな動きになるかもしれない。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

ただし、ゴールドもプラチナも、利息も産まないし配当もつかない。経済的な観点からは、生産性はゼロ。あくまでも万一に備えた保険、あるいは先々の年金の足しとして買うべし。よって保有比率は金融資産の10%程度に抑えること。くれぐれもゴールドまみれにならないように。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

さて、これからゴールドを買いたいという人は、値動きになれないだろうし、なにはともあれ純金積立を使うといい。手数料が高いなどというまるで無知な意見を披瀝する向きもあるが、要は使い方次第。月々3千円で設定し、あとは手数料のかからないスポット購入を使用して買っていけばよろし。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

貴金属現物の店頭は、昨年からずっと好調のようだ。これだけ世界にリスクや不安が蔓延していれば、当然だろう。長く付き合っている人は、ゴールドは1250ドル前後が底値、プラチナは780ドルあたりで底打ちしたと見ているのだろうね。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

プラチナが徐々に底値を切り上げている。ただファンダメンタルズが改善されたという事実は確認できていないし、ディーゼル絡みの霧が晴れたわけでもない。さまざま解釈はあるものの、投機筋がETFを通じて買いを入れている結果とするならば、長続きは期待できず。売るに売れなかった人には朗報かも。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

トルコ至宝展で知ったこと。同国では、オスマン帝国の時代から、チューリップ愛が半端なく、至る所に文様として使われている。理由は、チューリップをトルコ語でラーレ

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

「運び屋」は老いがテーマ、「グリーンブック」はアイデンティティがテーマのようだけど、どちらも近頃多いinspired by a true storyという点で共通してる。そして前者は「壁」、後者は「差別」がサブのテーマとしてあって、いかにもいまのアメリカ的という印象でした。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

グリーンブック、観終わった。恥部までしっかり描かれた、古き良き香りのあるアメリカン・ロードムービー。予想以上の秀作だった。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

人民元建てで金買いですか。こんな見方もあるのか、という程度に押さえておく。 https://t.co/3w8QQ5gBD8

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

今シーズン最初のゴルフです。帰りに首都高を走るリスクを強く感じるようになり、これからは車をやめて電車です。バッチリ読書ができて、この方がいいや。より安全だし時間も読めるし。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

ちょいとメモ。米国は、建国以来、フロンティアの創出と開拓が最重要課題だった。現実空間では「西部」→「アジア」→「宇宙」、そして仮想空間では「マネー・金融」→「 インターネット」。その米国発の仮想フロンティアに踏み込んだ国が中国。そう考えて、初めて米中覇権争いの背骨が見えてくる。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

ただし、ゴールドは何かを生み出す資産ではありません。あくまでも万一のリスクに備えて保有するヘッジ資産。ですから「長期」「現物」「金融資産の1割」がキーワード。GOLDの本質は「ヘッジ」にあるので、個人の先物取引などもってのほか。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

先日さまざまな国で金準備が増強されているというツィートをしたけれど。それらの国に共通項はあるかといえば、「米国およびドルと距離を置きたがっている国」という点ですね。つまりゴールドは、政治、民族、宗教から遠い「無国籍通貨」と認識されているということでもありますね。

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

ヘッジ資産としてのゴールドが敏感に反応しやすい時間帯が近づいている、ということなのかも知れない。先のことは分かりませんが。 https://t.co/RpMYdbnm7z

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

中国は習近平が「核心」となり月が満ちた頃合いが凋落の始まりでもあった。と言われる時が近づいているようなニュースが目につくようになって来た。先月は国有企業の破綻ニアミス報道、今月は投資集団の社債デフォルト。バブル崩壊は勢いがつくと止め難いのは日本が経験済み。米中派遣争いの結末は?

kindokuhon

金読本ツイッター版 @kindokuhon

ついでに、過去10年で公的金保有を100トン以上増やした国は、以下の通り。メキシコ114トン、トルコ142.5トン、インド228.7トン、カザフスタン263.2トン、中国1,242.6トン、そしてロシア1,516.7トン。さて、ここから何が見えるか。

登録ツイッター数

50Twitter
2019/06/26 02:40 現在
個人・法人系 33
ニュース系 17

注目ランキング

オリジナルランキング

注目ランキングを掲載

公式ツイッター

おすすめツイッター

新着ツイッター