okatogoldさんの詳細情報

のプロフィール画像

岡藤ゴールド(金投資情報)

okatogold

岡藤グループのゴールドアカウントです。地金、先物、純金積立などゴールドにまつわる話をつぶやいていきます。商品先物取引にかかる留意点はこちら http://t.co/KBuedYBN9a

Twitter情報
フォロー数 3,400 フォロワー数 2,879
投稿数 1,913 Twitter歴 1557日
現在地
WEB http://t.co/YulHUB8YgU

okatogoldさんのツイート

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

23日のNY金は米中貿易戦争の激化への懸念が再燃する中で買われ、続伸。米中対立の激化は世界経済の減速に繋がることから投資家のリスク選好意欲が後退し、世界的に株安が進行する中、安全資産とされる金が買われた。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

22日のNY金は米中貿易摩擦の激化に対する警戒感が続く中、小幅反発。ニューヨーク・タイムズは21日、トランプ政権が中国の防犯・監視システム最大手のハイクビジョンの製品が米国の利害を損なう恐れがあるとして、米企業による取引の制限を検討していると報道した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

21日のNY金は米中貿易協議の行方に注目が集まる中、反落。米商務省は20日、ファーウェイに対する禁輸措置を一部緩和すると発表し、投資家のリスク回避姿勢が後退した。また、午後にかけてはFOMC議事要旨の公表を翌22日に控えて様子見ムードが強まった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

20日のNY金はFOMC議事要旨の公開を週央に控えて、様子見ムードが広がる中、ほぼ横ばい。22日にFOMC議事要旨(4月30日、5月1日開催分)が公表されるため、市場では今後のFRBの金融政策運営方針を見極めた いとの思惑が強まっていた。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

メルマガ『FXと仮想通貨で勝つために(2019年5月19日号)』を発行しました。無料で登録できます。毎週日曜日に発行しています。 https://t.co/kzf79of8Bw

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

17日のNY金はドル高と良好な米指標を嫌気して続落した。5月の米ミシガン大学調査の消費者景況感指数は102.4となり、前月の97.2から上昇し、予想の97.5も上回った。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

15日のNY金は貿易摩擦が激化している中国と米国の景気先行き懸念を背景に安全資産としての買いが先行し、小幅反発。ただし、その後、米政権が輸入自動車への追加関税発動に関する大統領判断を最大6ヵ月延期する方向で議論を進めているとの報が流れたことから、金は上げ幅を縮小した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

14日のNY金は米中貿易戦争に対する過度の懸念が後退する中、前日に約1ヵ月振りの高値を付けていた反動から売り戻され、4営業日振りに反落。米中双方とも貿易摩擦の緩和に向けた交渉継続には引き続き前向きな姿勢を示していることから、この日は投資家のリスク選好意欲が回復した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

13日のNY金は米中貿易戦争の激化に対する懸念が広がる中、安全資産としての買いが入り続伸。米中貿易戦争が激化するとの見方を背景に、米株式相場が寄付から急落し、投資家のリスク回避姿勢が強まった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

10日のNY金は米中貿易戦争の行方に注目が集まる中、安全資産としての金買いが優勢となり小幅続伸。トランプ米政権は予定通り中国からの輸入品2000億ドル相当に課している追加関税を10%から25%へ引き上げ、中国側も報復措置を発動する… https://t.co/V5ASu6ONol

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

9日のNY金は米中貿易協議の先行き不透明感から安全資産としての買いが優勢となり、小反発。米中政府は9日に閣僚級貿易協議を再開するが、米国は対中制裁関税の引き上げを正式に通告し、これに対して中国商務省は報復の構えを見せている。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

8日のNY金は米中貿易協議の行方に対する過度の懸念が和らぐ中、4営業日振りに反落。サンダース米大統領報道官が「中国側からは取引を成立させたいという意思表示を受けている」と発言したことから投資家の過度のリスク回避姿勢が後退した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

7日のNY金は米中通商交渉を巡る先行き不透明感の強まりを受けて、小幅続伸。トランプ米大統領による5日のツイッターへの書き込みをきっかけに 市場では米中貿易交渉の早期妥結に対する期待が大きく後退し、米株が急落した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

6日のNY金は売りが先行したものの、ドルが対ユーロで軟調に転じると買い戻され、小幅続伸。トランプ米大統領は中国からの輸入品2000億ドル相当に対する追加関税を10日に10%から25%に引き上げると表明し、世界の主要株価が軒並み下落したが、それほど金買いには繋がらなかった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

3日のNY金はドルが対ユーロで下落したことから3日振りに反発。米雇用統計は非農業部門雇用者数が予想を大幅に上回り、失業率も49年4ヵ月振りの低水準となったものの、賃金上昇率は予想を下回った。また、ISM非製造業景況指数が予想を下回ったことから、ドル安・ユーロ高が進行した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

2日のNY金は対ユーロでのドル高が重しとなり、続落。パウエルFRB議長はFOMC声明発表後の記者会見で、「金利をどちらの方向にも調整する根拠があるとは見ていない」と述べ、景気減速を見据えた利下げは現時点では必要ないとの見解を示したことから、対ユーロでドル高が先行した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

1日のNY金は小反落。ADP雇用統計が予想を大幅に上回る結果となったため売られたが、ISMの4月の製造業景況指数が予想を下回ったことから一時プラス圏に浮上する場面もあった。ただし、FOMC声明とパウエルFRB議長の記者会見を午後に控え、小安い水準に押し戻された。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

30日のNY金はドル安・ユーロ高の進行に伴う割安感に押し上げられ、反発。また、中国国家統計局が発表した4月の製造業購買担当者景況指数(PMI)が予想を下回ったことも支援要因となった。ただし、FOMCの政策発表を翌日に控えて、全般的にポジション調整中心の展開になった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

29日のNY金はFRBによる金融政策決定などの重要イベントを週内に控えてポジション調整の売りが広がり、4営業日振りに反落。今週は翌30日と5月1日にFOMCが開催される他、ISMの製造業・非製造業景況指数や雇用統計など重要な経済指… https://t.co/qdN0PaiQ9W

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

26日のNY金は為替がドル安方向に振れたことが好感され、続伸。1~3月期米GDPは米経済の底堅さを示したが、インフレ指標の弱さがドル売り・金買いを促した。また、週末を控えてポジション調整の買いもサポート要因となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

25日のNY金は米株安を背景に一時買いが入ったものの、その後は横ばい圏で小幅な動きとなった。2019年1~3月期の米GDP速報値の発表を翌26日に控えていることもあり、ポジション調整の商いが中心となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

24日のNY金は前日の下落を受けた反動から買い戻しが入り、反発。26日に米GDP速報値が発表される他、30日からは米中閣僚級貿易協議が再開されるなど重要イベントを控えていることからポジション調整の買いが入った。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

23日のNY金はドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に押され、反落。また、米商務省が発表した3月の新築一戸建て住宅販売件数が予想を上回ったことや、米主要企業の堅調な決算内容を受けて、米株相場が反発したことも圧迫要因となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

22日のNY金はドル安・ユーロ高に伴う割安感から買いが先行したものの、利食い売りに押され、小幅高となった。米ホワイトハウスが、イラン産原油禁輸の制裁に関し、日本など8ヵ国・地域への適用除外期限を延長しないと発表し、イランを巡る地政学的リスクが意識されたことも下支え要因となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

18日のNY金はユーロ圏の低調な経済指標を受けて一時買われたものの、ドル高に伴う割高感に押され、小幅続落。IHSマークイットが発表した4月のユーロ圏総合PMI(購買担当者景況指数) は前月から低下し、3ヵ月振りの低水準となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

16日のNY金は世界的な景気減速に対する過度の懸念が後退する中、安全資産とされる金には売り圧力がかかり、続落。この日は目新しい材料はなかったものの、日米欧などの主要な株価指数が堅調に推移していいることが圧迫要因となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

15日のNY金は米中貿易協議の進展を背景に売りが先行し、反落。ムニューシン米財務長官は15日、FOXビジネスとのインタビューで、中国との貿易協議は「大きく前進した」と表明し、これを受けて米中貿易協議が妥結に向けて前進しているとの期待が広がった

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

12日のNY金はドル安・ユーロ高に伴う割安感による買いが入ったものの、ポジション整の売りや利食い売りも出たことから小幅上昇した。前日は良好な雇用環境や物価の上振れを示す経済指標などを背景に下落していたことから、この日はその反動で買い戻しが入ったが、米株高を受けて上げ幅を縮小した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

11日のNY金は対ユーロでのドル高を背景に売られ、反落。米新規失業保険申請件数は19万6000件と予想の21万1000件を下回り、約49年半振りの低水準となった。また、米卸売物価指数は予想を上回った。良好な雇用環境と物価の上振れを示す指標の発表を受けて、対ユーロでドル高となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

10日のNY金はFOMC議事要旨の発表を控えて様子見ムードが広がる中、上昇。前日に続いて米欧間の貿易摩擦に対する警戒感やIMFの世界経済成長見通し引き下げなどが支援材料となった。なお、引け後に発表されたFOMC議事要旨はややタカ派的な内容で金は小幅下落した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

9日のNY金は米欧貿易摩擦の激化懸念や世界的な景気減速懸念を背景に3営業日続伸。トランプ米大統領はEUによるエアバスへの不当な補助金で損害を被ったとして、EUからの輸入品に追加関税を課す方針を表明した。また、IMFは2019年の世界全体の成長率予想を下方修正した。

登録ツイッター数

50Twitter
2019/05/24 14:55 現在
個人・法人系 33
ニュース系 17

注目ランキング

オリジナルランキング

注目ランキングを掲載

公式ツイッター

おすすめツイッター

新着ツイッター