okatogoldさんの詳細情報

のプロフィール画像

岡藤ゴールド(金投資情報)

okatogold

岡藤グループのゴールドアカウントです。地金、先物、純金積立などゴールドにまつわる話をつぶやいていきます。商品先物取引にかかる留意点はこちら http://t.co/KBuedYBN9a

Twitter情報
フォロー数 3,492 フォロワー数 2,943
投稿数 1,693 Twitter歴 1246日
現在地
WEB http://t.co/YulHUB8YgU

okatogoldさんのツイート

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

16日のNY金は小幅続落した。この日発表された小売売上高も含めて最近の米経済指標が総じて好調な内容であることから、FRBによる利上げペースが加速するのではないかとの観測が圧迫要因。ただし、パウエルFRB議長による議会証言を17、18日の両日に控えて様子見ムードも強かった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

メルマガ『FXと仮想通貨で勝つために(2018年7月15日号)』を発行しました。無料で登録できます。毎週日曜日に発行しています。 https://t.co/aPtsd8TTQr

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

13日のNY金は反落した。ドル高・ユーロ安が弱材料。また、好調な米国経済や企業業績への期待感から米株相場が続伸する中、安全資産とされる金の需要が減退したことに加え、FRBによる利上げ継続観測も金利を生まない資産である金には圧迫材料となっている。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

12日のNY金は小反発した。対ユーロでのドル高基調が一服したことで底堅く推移した。ただし、世界的な株高となる中、投資家のリスク回避姿勢が後退したことから、安全資産としての金を買う動きは限定的で上値は重かった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

11日のNY金は大幅続落した。対ユーロでのドル高が弱材料。トランプ米大統領は中国から輸入する2000億ドル相当の製品に10%の関税を上乗せする追加制裁の手続きを開始すると発表し、米中の貿易戦争が本格化するのではないかとの懸念が強まったことから、ドルに逃避買いが入った。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

10日のNY金は反落した。ドル高・ユーロ安に伴う割高感が弱材料。ただし、ドル高が一服すると下げ幅を縮小した。また、米中の貿易戦争を巡る先行き不透明感や北朝鮮の非核化に向けた米朝交渉の停滞もサポート要因となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

9日のNY金は小幅反発した。ドルの下落が強材料となった。また、金の主要な買い手である中国の人民元が対ドルで上昇したことも支援材料となった。ただし、ドル安の流れが一服すると、金も上値を削る展開となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

6日のNY金は小反落した。投資家のリスク選好意欲が高まる中、安全資産とされる金には売り圧力がかかった。6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が市場予想を上回り、景気拡大を背景とした雇用の底堅さを改めて示したため、米株相場が堅調に推移した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

5日のNY金は続伸した。ユーロ高・ドル安となる中、ポジション調整の買戻しが入った。ただし、引け後にFOMC議事要旨の公表が予定されていた他、6日には米雇用統計の発表を控えていることから、積極的に上値を買い進むような動きは鈍かった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

3日のNY金は反発した。ドルが対ユーロで弱含んだことや米中貿易戦争突入への警戒感が支援材料となった。米政府は6日に中国製品に25%の追加関税を課す方針。なお、翌4日に米独立記念日に伴う休場を控えていることから商いは薄かった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

2日のNY金は急反落した。対ユーロでのドル高が弱材料となった。中国の6月の製造業購買担当者景況指数(PMI)が前月から低下したが、米国との貿易摩擦が今後激化し、中国の景気が悪化すれば原材料需要も減退するとの見方から、この日は金属相場が下落し、金も連れ安となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

29日のNY金は小反発した。対ユーロでのドル安が強材料。特に新たな材料は無かったものの、月末・四半期末・半期末を前にドル高修正の動きが見られた。ただし、欧米株価が全面高となる中、相場の上値は重かった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

28日のNY金は続落した。ドル高・ユーロ安基調に伴う割高感が弱材料。また、FRBによる利上げペースの加速観測が根強いことも引き続き圧迫要因。米中の貿易戦争を巡る不透明感を背景とした安全資産としての金買いは限定的だった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

27日のNY金は続落した。対ユーロでのドル高が弱材料。また、中国資本による 米ハイテク企業への投資規制について、対米外国投資委員会が外資の買収計画を審査するという既存制度の見直しで対応が可能と指摘されたことを受けて、米中の衝突に対する過度の懸念が後退したことも圧迫要因。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

26日のNY金は続落した。ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に圧迫され、2017年12月15日以来約半年振りの安値に落ち込んだ。米株が堅調に推移し、投資家のリスク選好意欲が回復する中、安全資産とされる金には売り圧力がかかった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

25日のNY金は小反落した。世界的な貿易摩擦激化に伴う商品需要の減退観測が圧迫要因。トランプ米政権が中国への技術流出を防ぐため、中国資本が25%以上の企業が産業上重要な技術を持つ米企業を買収することを禁じる規制強化案を検討している… https://t.co/OXa7XA8TQG

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

22日のNY金はほぼ横ばいだった。手掛かり材料難の中で週末前のポジション調整の動きとなった。原油の上昇がサポート要因となったものの、米中間の貿易摩擦激化に対する警戒感が一服したことやFRBによる利上げ継続姿勢が上値を抑えた。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

21日のNY金は続落した。世界的な貿易摩擦激化に対する懸念が広がる中、現物市場で売りが出た。通商摩擦問題が世界規模に拡大するとの懸念を背景に金需要の見通しが悪化する中、現物を中心に金の買い控えムードが広がった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

20日のNY金は続落した。ドル高・ユーロ安基調の継続に伴う割高感が弱材料。FRBによる利上げペースの加速観測も引き続き圧迫材料。ただしEUは米国による鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置への報復として米国産品に追加関税を課すと発表し、世界的な通商摩擦激化に対する懸念が下支え要因。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

19日のNY金は小反落した。ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に圧迫された。FRBによる利上げペースの加速観測も引き続き圧迫要因となった。ただし、トランプ米政権は中国に追加制裁を検討すると表明し、米中による貿易戦争突入が一段と現実味を帯びる中、下げ幅は限定的だった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

18日のNY金は小反発した。前週末の下落の反動から安値拾いの買いやショートカバーが入った。米中貿易戦争への懸念が再燃していることや、ドイツ連立政権内での難民問題を巡る対立が懸念されていることも支援材料となった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

15日のNY金は大幅反落した。米利上げペースの加速観測が広がる中、テクニカルな売りが殺到した。米欧金融政策会合を受けてドル高・ユーロ安となり、ドルインデックスは年初来高値を更新した。これにより、金は1,300ドル割れとなり、そこで… https://t.co/vdsgSXpUvh

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

14日のNY金は上昇。米中間の貿易摩擦激化への懸念が再燃する中、安全資産とされる金が買われた。トランプ政権が中国の知的財産権侵害に対抗する貿易制裁関税を早ければ15日にも発動する方向で準備を進めていると報じられ、米中の貿易摩擦が激化するのではないかとの懸念が再燃した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

13日のNY金は小幅反発。引け後にFOMCの政策発表を控える中、ポジション調整中心の小動きに終始した。引け後のFOMCでは年4回利上げ見通しを示すなどタカ派的な内容だったことから一時的にドル買い・金売りとなったが、その後ドルが売り戻されたことから金は反発した。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

12日のNY金はFOMCを控えて様子見ムードが広がる中、小幅反落。FOMCでは利上げが確実視されているものの、FOMC終了後に公表される金利見通しやパウエルFRB議長の記者会見などの内容を見極めたいとの思惑が強かった。なお、米朝首脳会談に対するマーケットの反応は限定的だった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

11日のNY金は小反発した。米朝首脳会談などの重要イベントを控えて様子見ムードが強まる中、値動きは限定的だった。この日は重要な米経済指標の発表がなく、米朝首脳会談や日米欧の金融政策会合待ちの地合が続いている。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

8日のNY金は小反落した。G7や日米欧それぞれの金融政策会合など重要イベントをこの週末と来週に控えて様子見ムードが強まる中、ポジション調整の小動きにとどまった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

7日のNY金は小反発した。ドル売り・ユーロ買いの流れが加速したことから、ドル建てで取引される金に割安感が生じた。ただし、8~9日にはG7サミット、12日には米朝首脳会談、12~13日にはFOMCと、重要イベントを控えていることから様子見ムードが強かった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

6日のNY金は小反落した。利上げ観測などに圧迫された一方、対ユーロでのドル安を背景に買いが入り、レンジ内での取引となった。米国と中国の貿易摩擦に対する過度の懸念が和らぐ中、投資家のリスク選好意欲が高まり、米株相場が上昇したことも圧迫要因。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

5日のNY金は反発した。特に新たな材料は無かったものの、 前日まで下落していた反動や対ユーロでのドル安が支援材料となった。ただし、前週末に発表された米雇用統計など堅調な米経済指標が相次いでおり、FRBの利上げペースが加速するのではないかとの見方から上値は限定的だった。

okatogold

岡藤ゴールド(金投資情報) @okatogold

4日のNY金は小幅続落した。米利上げ加速観測が強まる中で売りが優勢となった。前週末に発表された雇用統計など堅調な米経済指標が相次ぐ中、年内4回の利上げ観測が広がっている。ただし、対ユーロでドル安となったことから下げ幅は限定的だった。

登録ツイッター数

50Twitter
2018/07/18 05:56 現在
個人・法人系 33
ニュース系 17

注目ランキング

オリジナルランキング

注目ランキングを掲載

公式ツイッター

おすすめツイッター

新着ツイッター