書籍等

もっと見る

「世界は金本位制に向かっている」宮崎正弘 (著)/扶桑社新書

キーワード宮崎正弘 書籍 

世界経済の混乱が収まらないなか 金本位制は静かに進行している

ゼーリック前世界銀行総裁やノーベル経済学賞のマンデル教授をはじめ、アメリカの保守系識者から沸き起こる金本位制復帰論。

金本位制はアメリカ国内でもまだ少数意見扱いだが、一方では列強による金の備蓄増強という現実が進行している。不安定な世界経済が続くなか、今後の国際通貨体制はどうなるのか? 金消費量と産金量が世界一を誇る中国への取材をもとに、世界の金事情を分析して「米ドルによる基軸通貨」崩壊後を予測する!



【目次】
・基軸通貨がドルから人民元に?
・金本位制復帰を唱えるノーベル賞学者ら
・米ドルが基軸通貨を降りる日
・尖閣近海の海底に金が眠る
・中国、金鉱会社への痛烈なM&A
・唐、宋、明銭は世界の基軸通貨だった
・ペーパー・マネーの死後
・ドイツと中国の円の動きに注目
・東京の金、史上最高値
・ブレトンウッズ体制は4つの段階を整えた


【著者紹介】
宮崎正弘(みやざき・まさひろ)

昭和21(1946)年、石川県金沢市生まれ。早稲田大学英文科中退。「日本学生新聞」編集長、月刊『浪曼』企画室長を経て、貿易会社を経営。国際ビジネスの経験を生かし、昭和57(1982)年、『もうひとつの資源戦争』(講談社)で評論家活動に入る。著書に、『現代中国「国盗り」物語』(小学館101新書)、『中国を動かす百人』(双葉社)、『習近平が仕掛ける尖閣戦争』(並木書房)、『中国権力闘争』(文芸社)、『中国財閥の正体 ―その人脈と金脈』(扶桑社)など多数。

>>GOLDNEWS 投資関連書籍・DVDへ


あわせて読みたい記事

最近のニュース

ニュースクラウド

BullionVault ETP JOGMEC SGC WGC イベント イベントレポート インド キャンペーン ゴールド スイス タイ トラブル プラチナ ロシア 三菱マテリアル 中国 亀井幸一郎 佐渡金山 値決め 写真ニュース 南ア 大黄金展 密輸 小菅努 延べ棒 徳力本店 映画 東京商品取引所 松本徽章工業 池水雄一 泰星コイン 産金 田中貴金属 砂金 箔一 箔座 純金 豊島逸夫 貴金属 都市鉱山 金ETF 金スポット 金メッキ 金価格 金先物 金塊 金密輸 金投資 金準備 金相場 金箔 金粉 金色 金貨 金輸入 金鉱 金鉱株 韓国 黄金 黄金色

タグ一覧を見る

新着ゴールドグッズ

一覧を見る