ゴールドフォト

オオゴマダラ・黄金サナギのクリスマスツリー―栃木・真岡市 花ちょう遊館

キーワード金色 


栃木県真岡市にある井頭公園・花ちょう遊館では、2014年11月26日(水)?2014年12月28日(日)の期間、メタリックな金色やエメラルドグリーンに輝く蝶のサナギ(生きている本物のサナギ)を飾った、サナギのクリスマスツリーを展示。
▼「黄金サナギのクリスマスツリー@花ちょう遊館」フォトギャラリー



金色(ゴールド)に輝くサナギは、沖縄から東南アジアにかけて生息するチョウ「オオゴマダラ」のもの。上の写真のチョウがオオゴマダラ。サナギは金色で、羽化が近づくにつれ黒い点が増えていきます。サナギが金色なのは、毒があることをアピールして食べられないようにするため、と考えられています。



またこちらの写真にある鮮やかなエメラルドグリーンのサナギは「アサギマダラ」「リュウキュウアサギマダラ」のもの。いずれもエメラルドグリーンのサナギですが、リュウキュウアサギマダラのサナギには上から1/4くらいの所にある黒い点に沿って金色の線が入っています。



羽化したオオゴマダラと金色のサナギと。



この「黄金サナギのクリスマスツリー」の展示は、今月28日まで。是非、期間中にご覧ください!

▼井頭公園・花ちょう遊館(栃木県真岡市下籠谷99番地)
花ちょう遊館は、熱帯地域の鳥や植物、チョウを育てるガラス張りドーム型施設。
開館時間 3月?9月(午前9時30分?午後4時30分)/10月?2月(午前9時30分?午後4時)
※受付は30分前に終了します。毎週火曜日休業(祝日の場合は翌日)
利用料金(入館料) 大人400円 高・中・小学生200円

  • 撮影者:GOLDNEWS
  • 場所:栃木・真岡市 井頭公園・花ちょう遊館

最新のゴールドフォト

キーワードで絞り込む

あわせて読みたい記事