ゴールドフォト

東京2020オリンピック、金銀銅のメダルデザイン発表

東京2020組織委員会は、東京2020オリンピック開会式の1年前である2019年7月24日、東京2020オリンピックメダル、メダルリボンおよびメダルケースのデザインを発表しました。


東京2020オリンピック 金メダルデザイン(うら)


東京2020オリンピック 金メダルデザイン(おもて)


東京2020オリンピック 金銀銅メダルデザイン(うら)


東京2020オリンピック 金銀銅メダルデザイン(おもて)


【東京2020オリンピックメダルデザインコンセプト】
アスリートには栄光の部分だけでなく、勝利に至るまでの日々の努力が必ずあります。そこに注目し、原石を磨くようなイメージで、光や輝きをテーマとしています。完成したメダルは、無数の光を集めて反射させ、この光は、アスリートや周りで支えている人たちのエネルギーを象徴しています。
スポーツで競い合い、頑張っている人が称えられる世界になってほしいという思いを込めて、多様性を示す、様々な輝きをもたらすデザインです。また、この輝きの部分は、世界中の人々が手をつないでいる様子もイメージしています。

東京2020オリンピック 金銀銅メダルデザイン全体(うら)


【東京2020オリンピックメダル仕様】
メダル本体重量(リボンおよび取付ピンの重量は含まない)
金:約 556g 銀:約 550g 銅:約 450g

メダル厚み
最小部分: 7.7 ㎜ 最大部分: 12.1 ㎜

メダル直径
直径 85 ㎜

メダル素材
金:純銀に 6g 以上の金メッキ 銀:純銀 銅:丹銅(銅 95:亜鉛 5)

メダルリボン
メダル本体上部への埋め込み式

メダル側面
メダル側面には各競技名(競技名・種別名・性別・種目名)が英語で刻印される

おもて面のデザイン
国際オリンピック委員会により、以下の要素を含めた構図と規定されている
・パナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像
・東京 2020 オリンピック競技大会の正式名称およびオリンピックシンボル

東京2020オリンピック メダルリボン


【東京2020オリンピックメダルリボンデザイン】
選手の栄光をたたえるリボンのデザインには、東京 2020 大会を象徴する藍と紅を使用し、日本らしい組市松紋を用いたデザインは祝祭感とともに多様性と調和を表現しています。
また、視覚に障がいのある方が、手で触れることで順位がわかるように、裏側にシリコンプリントで金メダルには 1 つ、銀メダルには 2 つ、銅メダルには 3 つの凸の加工を施しています。
<デザイン:東京 2020 組織委員会 製造:丸信テルタック株式会社>

東京2020オリンピック メダルケース


【東京2020オリンピックメダルケースデザイン】
日本人が古くから親しんできた藍色の木製メダルケース。国産のタモ材を使用し、日本の高度な木工技術と職人の手で、一つずつ丁寧に仕上げられています。一つ一つ異なる個性豊かな杢目は、藍色の奥に浮かび上がり、オリンピック・パラリンピックの多様性を象徴しています。円形のフタと本体が磁石によって、繋がった輪のように開いてそのままメダルをディスプレイすることが可能です。
<製造:株式会社山上木工/吉田真也(SHINYA YOSHIDA DESIGN)>

東京2020オリンピックメダルは、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を通じ、
全国の方より提供いただいた使用済み携帯電話等の小型家電から抽出した金属を用いて製作されています。

このメダルデザイナーは、川西 純市(かわにし・じゅんいち)氏。川西氏コメントは以下の通り。
「東京 2020 オリンピックメダルデザインに選んでいただき大変光栄です。人生の記念にと応募し
たものが選ばれるとは夢にも思いませんでした。アスリートの努力と栄光、世界の友情を輝く光の
輪で讃えられるようなメダルになればとても嬉しく思います。」


  • 撮影者:GOLDNEWS
  • 場所:東京・新宿区 東京都庁

最新のゴールドフォト

キーワードで絞り込む