ゴールドフォト

「パワースポット・黄金の魚たち」-志摩マリンランド・2014春季特別展

キーワード黄金の魚 

黄金の魚たち

三重県志摩市の賢島にある「志摩マリンランド」では、2014年3月6日から6月1日の期間で春季特別展「パワースポット・黄金の魚たち」として、開運・金運などのパワーを感じそうな金色・黄金の魚たち36種・約1000点を集めた企画展を開催中。今回GOLDNEWSチームでは、展示されている“ゴールドな魚たち”をWEB上で出来るだけご紹介いたします。
▼志摩マリンランド?マンボウの泳ぐ水族館


近鉄・賢島駅

志摩マリンランドは近鉄・志摩線の終着駅である「賢島駅」出てすぐのところにあります。賢島駅まではいずれも特急利用で大阪・難波から約2時間半、京都から約2時間45分、名古屋から約2時間10分といったところで、志摩スペイン村もほど近くにあります。


志摩マリンランド

こちらが志摩マリンランドのエントランス。伊勢志摩地域には二見シーパラダイス、鳥羽水族館、イルカ島とアクアマニアにはたまらない地域となっています。


パワースポット・黄金の魚たち

今回の目玉展示である「パワースポット・黄金の魚たち」はイベントホールにて特別展示されています。


黄金の魚たち企画概要

今回の企画展示の概要です。


黄金の魚たち展

さて、ここからは色々な黄金の魚たちを写真で大きくご紹介していきます。


ゴールデンミッキーマウスプラティ

ゴールデンミッキーマウスプラティ


まずは、こちらの「ゴールデンミッキーマウスプラティ」(カダヤシ目 カダヤシ科/メキシコ)。名前の通り、尾びれ付近に「ミッキーマウス」の頭部を横にした様な黒色の斑点をもっています。ミッキーに見えますよね?


ゴールデン和金

ゴールデン和金


「ゴールデン和金」(コイ目 コイ科/中国)。金魚ですね。


ゴールデンオスフロネームグラミー

ゴールデンオスフロネームグラミー


「ゴールデンオスフロネームグラミー」(スズキ目 オスフロネムス科/東南アジア)。こちらは目の周りが金色で、大きくなると1メートルを超えるそうです。


ゴールデンアホロートル

ゴールデンアホロートル


「ゴールデンアホロートル」(有尾目 トラフサンショウウオ科/メキシコ)。こちらはウーパールーパーの名前で有名ですね。体だけでなく、目まで金色に光っています。


ゴールデンシルバーバルブ

ゴールデンシルバーバルブ


「ゴールデンシルバーバルブ」(コイ目 コイ科/タイ・ラオス・ミャンマー)。体をひねるたびにキラキラと輝いています。


ゴールデンアップルスネール

ゴールデンアップルスネール


「ゴールデンアップルスネール」(中腹足目 リンゴガイ科/南アメリカ)。黄金の巻き貝です。


黄金メダカ

黄金メダカ


「黄金メダカ」(ダツ目 メダカ科/日本)。メダカの改良品種で、見ての通りの黄金色です。


金銀銅のオニオコゼ

こちらはメディアでも話題となった「金・銀・銅のオニオコゼ」です。


金銀銅のオニオコゼ

金のオニオコゼ(左上)・銀のオニオコゼ(左下)・銅のオニオコゼ(右下)


「オニオコゼ」(カサゴ目 オニオコゼ科/本州中部以南~南シナ海)。黒褐色のものが一般的ですが、黄金色、オレンジ色のものはとても珍しい体色だそうです。


ゴールデンキングコブラグッピー

ゴールデンキングコブラグッピー


「ゴールデンキングコブラグッピー」(カダヤシ目 カダヤシ科/西インド諸島~南米北部)。尾ひれが大きいのが特徴です。


ゴールデンナイフフィッシュ

ゴールデンナイフフィッシュ


「ゴールデンナイフフィッシュ」(オステオグロッスム目 ノトブテルス科/インド・ミャンマー・タイ・インドネシア)。頭部がゴールドっぽく、全体が光っています。


ゴールデンセベラム

ゴールデンセベラム


「ゴールデンセベラム」(スズキ目 カワスズメ科/ブラジル・コロンビア)。肌の細部まで美しく、腹びれの形状が特徴的です。

他にもまだまだ多くの“ゴールドな魚たち”の展示がありますが、記事の都合から展示されているものの1/3程度をご紹介させて頂きました。

展示は今週末の6月1日(日)まで!お近くの方、また黄金の魚で「金運アップ」を願いたい方はぜひ期間内に足を運んでみてください。また、どうしても遠方で伺えない方は、こちらの記事をみてゴールドな魚たちをご堪能ください!

▼志摩マリンランド 春季特別展「パワースポット・黄金の魚たち」
海水や淡水域に生息する生物の中には、色鮮やかな黄金色をしたものも多く、また色彩変異などにより、偶然にも黄金色に輝く色になるものも少なくありません。今回は、そんな開運・金運などのパワーを感じそうな魚たち、36種 約1000点を集めて紹介します。
場所 志摩マリンランド
住所
〒517-0502 志摩市阿児町神明賢島
期間
2014年3月6日(木)?2014年6月1日(日)
交通
近鉄志摩線・賢島駅から徒歩2分
伊勢自動車道伊勢西IC又は伊勢ICから賢島方面へ県道32号線(伊勢道路)・国道167号経由で約40分
料金 大人1,300円 中高生800円 小学生600円 幼児(4歳以上)300円
URL http://www.kintetsu.co.jp/leisure/shimamarine/

 


志摩マリンランド

  • 撮影者:GOLDNEWS
  • 場所:三重県志摩市阿児町神明賢島 志摩マリンランド

最新のゴールドフォト

キーワードで絞り込む

あわせて読みたい記事