ゴールドフォト

金鉱石を片手に誇らしげなカッパ像―黄金の町・菱刈

キーワード金鉱石 

鹿児島県伊佐市にある菱刈鉱山は、国内唯一となる現役の金鉱山であり、鉱石1トンあたりに含まれる金の含有量は世界トップクラスです。また菱刈町はカッパ(ガラッパ)伝説でも有名で、町のあちこちにカッパの像やイラストが用いられており、こちらのカッパ像は左手に金鉱石を持っているとてもレアなカッパです。



この像は高さ約5メートル、菱刈中学校の前で金鉱石を片手に誇らしげに立っております。隣の電話ボックスと比べるとその大きさがわかるかと思います。



右手はピースサインをしているかの様にも見えますが、真偽は不明です。菱刈町に行かれる際はぜひチェックを!


  • 撮影者:GOLDNEWS
  • 場所:鹿児島・伊佐市 菱刈中学校前

最新のゴールドフォト

キーワードで絞り込む