ゴールドフォト

田舎館村・田んぼアート2015「風と共に去りぬ」「STAR WARS」

キーワード黄金色 

色が異なる稲の穂を巧みに植えて編み出す「田んぼアート」。その田んぼアート発祥の地 青森県田舎館村(いなかだてむら)では、9月に入り青々としていた絵柄に、豊かに育った黄金の稲穂が色をのせ、刈取りまでの残り一か月間、美しさのピークを迎えます。
▼田んぼアートの村「田舎館村(いなかだてむら)


田舎館村・田んぼアート2015「風と共に去りぬ」(第一会場)


町おこしのために始めた田んぼアートも今年で23年目。本年はなんと不朽の名作「風と共に去りぬ」と「スターウォーズ」に挑戦!


飛行機から見る美しい田んぼ


今回青森へは飛行機で移動。こちらは空から見た空港近辺の田園風景です。


田舎館村の田んぼアート変遷


1993年からスタート当初はこちらの様なシンプルなデザイン・色合いでした。


田舎館村の田んぼアート変遷


2003年は「モナリザ」を。ただ、今と比べると作り方もまだ荒い感じです。


田舎館村の田んぼアート変遷


そして2011年には「竹取物語」、稲の穂の種類も増え、デザイン・構図もとても緻密になっています。


田舎館村役場


田舎館村の田んぼアートは現在2つの会場で展開。第一会場は田舎館村役場庁舎東側の田んぼに、第二会場は道の駅いなかだて・弥生の里にある田んぼが設定されています。まずこちらは第一会場である田舎館村役場。役場の天守閣から田んぼアートを上から見ることができます(見学料大人200円)。

第一会場では「風と共に去りぬ」を。映画のポスターにもなっている有名なワンシーンを如実に再現しています。


田んぼアート「風と共に去りぬ」


田んぼアート「風と共に去りぬ」


田んぼアート「風と共に去りぬ」


こちらは近くから撮ってみました。



そして第2会場は、第一会場の役場から車で数分の距離にある「道の駅いなかだて・弥生の里」となります。



こちらはこの展望台から見ることができます。



第2会場では、2015年12月18日に公開される映画「スターウォーズ /フォースの覚醒」。物語に登場する人気キャラクターC-3PO、R2-D2に加え、最新作に登場する新キャラクターBB-8も描かれています。いやぁ、素晴らしい。


田んぼアート「スターウォーズ/フォースの覚醒」


田んぼアート「スターウォーズ/フォースの覚醒」


田んぼアート「スターウォーズ/フォースの覚醒」


田んぼアート「スターウォーズ/フォースの覚醒」


と、持って行ったカメラでは横幅が収まりきらなかったので、動画も撮ってきました。こちらで全体像を見てください。


また別角度の場所には、新たな企画として、昨年亡くなった俳優の高倉健さんを4色の石で描いた「石アート」を制作。こちらは「惜しまれる人」シリーズとして来年以降も継続していく流れとのこと。


石アート:惜しまれる人「高倉健さん」


石アート:惜しまれる人「高倉健さん」


そしてこの会場のすぐそばには2013年に新たに設置された「田んぼアート駅」です。



今年の田んぼアートも10月12日までと残すところあと1か月余り。
出来ればこれはぜひ生で!青森県田舎館村へGO!

▼田んぼアートの村「田舎館村(いなかだてむら)」


  • 撮影者:GOLDNEWS
  • 場所:青森・田舎館村 田舎館村役場&道の駅いなかだて

最新のゴールドフォト

キーワードで絞り込む

あわせて読みたい記事